離乳食 中期

離乳食中期は、月齢で言えば生後7,8ヶ月ごろにあたります。

 

この頃になると、2回食になり、少しずつ栄養バランスを考えてつくる必要が出てきます。

 

また離乳食中期はムラ食いが見られるようになることもあります。食欲がないときに無理に食べさせる必要はなく、1日単位ではなくて1週間単位で栄養バランスを取るように考えておくと良いでしょう。

 

この時期の食べ方としては、それまでのゴックンと飲み込む練習から、モグモグと口を動かしてから飲み込む練習へと移っていきます。⇒赤ちゃん便秘はこちら

 

食べ物の固さは、絹ごし豆腐ぐらいが目安となります。

 

どのようなタイミングで、ゴックンからモグモグへと移るのかについては、以下のような発達を観察して目安とするとよいでしょう。
・上手にゴックンができるようになった。
・口を左右に動かすようになった。
・2回食が定着してきた。
・自分から口をスプーンに近づける。
・安定してお座りができる。